DAY.36 Stockholm Inka & Niclasとの出会い

2018/8/21
Luleå→Stockholmの電車はかなりの長距離にもかかわらず、線路がいいからか12時間弱でストックホルムに着いた。
到着は朝9時。

ストックホルムではある写真家に会うことになっていた。

Inka and Niclas

去年岡山の商店街を歩いていて、ふらっと寄ったアート系の本を揃える店に入り、この写真が表紙に使われている写真雑誌を見つけた時に衝撃を受けた。

調べてみると若手のスウェーデン人の夫婦の写真家だった。

ドンピシャの表現を見つけると作品集を根こそぎ買い集める習性がある僕だが、若手ゆえに日本ではまだ写真集の類が一切販売されていなかった。

フィンランドにいた時に、ふとした瞬間に「あ、メール送ってみるか」と思い立ちその場でパパーっとメールを打って送ると、すぐに返信がありストックホルムで会えることになったのだった。

今一番好きな写真家に直接会えるとは。。なんとも感激した。

(帰国直前なので)本もバッチリ購入し、その後ストックホルムの町を案内して回ってくれた。

その後は、正直僕が最も苦手とする「お土産選び」に奮闘し、
コーヒーショップをめぐり、無数にある美術館をめぐり、

夜発のバスでオスロへと向かった。

旅が、確実に終わりに近づいていく雰囲気が漂っていた。

///
井出雄士
Instagram / @maruigeta

尾道にて